先生からのメッセージ

  • HOME
  • 先生からのメッセージ
Teacher’s Message vol.01
岡本 百合子 先生
岡本 百合子 先生

無限の可能性を信じてほしい…

学生へのお願い・・・
色んな事を簡単に決めつけないでほしい。
様々な場面で「だってこうじゃなきゃいけないんだもん」などの声が聞こえます。
まだみんなは、10代、20代でしょ〜もっと頭柔らかくしようよ。何かをするのに、こうじゃなきゃいけないなんて、決めつけたら面白みが半減しちゃうよ。もっと色んな事を柔軟に考えて欲しいな。そしたらもっともっと、お菓子作りも楽しくなると思う。
学校にいる間にいっぱい失敗して、そこから学び成功につなげて欲しい。お菓子を作る事で、様々な面白さ、楽しさを経験して失敗を楽しめる位の人になって欲しい。
とまあ、たくさん学生へのお願いを書きましたが、私自身の学生時代を振り返ると・・・
なにしろまだまだ、無限大の可能性を持っているのですから、小さくまとまらないでね。
せっかく出会えたみんなには、私と同じ失敗や、お叱りは受けない社会人になってもらえたらと願います。

Profile
都内製菓専門学校卒業後、ケーキハウス幸せの丘に入社。
その後、製菓業界で技術を磨き平成18年4月 町田製菓専門学校 実習教員として現在に至る。
Teacher’s Message vol.02
樋口 修司 先生
樋口 修司 先生

色々な経験を伝えられるように

菓子作りのモットーは、素材を大切に扱い、正確に繰り返し作れる事だと思っています。
生徒には、一品一品、丁寧に真心こめてお菓子を作って欲しいのですが、元気で自主的に動ける人になって貰えれば良いかと・・・。向上心が特に大切!生徒達によく云う事は、28才くらいの自分を想定して就活を考えるように・・・。菓子は10年くらい経つと更におもしろく、輝いた自分の将来も見えて来るはずです。
まずは、すぐに投げ出さないで、自分に合った仕事を続けて、社会人を自覚すること。それと、自分の時間と生活を思いっきり楽しむ事が長く続く秘訣かな?
校内では、何故かしらチョコレートのスペシャリストになっていますが???個人的には素材を生かした焼き菓子が好きです。
これからも、いろいろな経験を生徒に伝えられるように頑張っていきますので宜しくお願いします。

Profile
高校卒業後、都内フランス菓子店に入社。
その後フランスでの研修を経て「銀座和光チョコレートショップ」に入社。生菓子はもとよりショコラティエとしての技術を学ぶ。
平成19年4月 町田製菓専門学校 実習教員として現在に至る。
Teacher’s Message vol.03
玉置 のどか 先生
玉置 のどか 先生

パティシエを楽しみながら、
長く続けられる人を育てたい

ケーキ屋さんで働いていて沢山の笑顔を見ました。とても素敵な仕事だと思います。
けれど、厳しい仕事でもあります。
パティシエになる人は沢山いますが、続けられる人は多くはありません。
多くの人が1年勤めないうちに辞めてしまう現実をみて、『パティシエを続けられる人を育てられる先生になりたい。』と思いました。
ケーキの作り方はもちろん教えますが、パティシエをうまく続けるコツ、楽しんで仕事をするコツなどをうまく伝えたいと思ってます。

Profile
製菓専門学校卒業後、創作菓子 アトリ入社。
洋菓子店勤務を経て、その知識を活かし都内製菓専門学校のアシスタントに従事。
平成20年4月 町田製菓専門学校 実習教員として現在に至る。
Teacher’s Message vol.04
石井 裕未 先生
石井 裕未 先生

基本を大切に、丁寧さを武器にしよう。

美味しいパンを作るには基本を大切に、丁寧な作業を心がける必要があると思います。
基本があってこそ、いろいろな事が出来るのだと思っています。
学生には丁寧な作業を心がけるように常に指導しています。
パンには本当にたくさんの魅力があります。
実習を通して、パン作りの楽しさや難しさを分かってもらえるとうれしいです。
充実した実習を行えるよう、全力でサポートしていきたいと思います。
良いパン職人になれるよう、一緒に歩んでいきましょう。

Profile
製菓専門学校卒業後、ブランジェ浅野屋入社。その後、株式会社ドンクに勤務。
平成21年3月 町田製菓専門学校 実習教員として現在に至る。