特集

職業訓練制度について職業訓練制度について

対象学科

  • 介護福祉学科(訓練科目:介護福祉士養成科)
    訓練生募集定員10名(学科定員40名)

職業訓練実績:平成21年(2009)より
委託開始[卒業生130名以上]
※令和2年3月現在

応募資格

受講開始日において離職者で、ハローワーク(公共職業安定所)に求職申し込みをしており、公共職業安定所長の受講指示、受講推薦または支援指示を受けられる、高校卒業以上(またはこれに準ずる方で新規学卒未内定者は不可)の方で、原則、受講開始日から遡って1年以内に公共職業訓練または、求職者支援訓練の実践コースを受講していない方。

ハローワーク(公共職業安定所)における職業相談において、ジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティングを受け、職業経験の棚卸及び職業設計等の結果、当該等訓練の受講が必要と認められる方。

※ただし、過去に1年以上の公共職業訓練(委託訓練)を1度でも受講したことがある方は当該訓練の受講ができません。

※詳細については、1/5(火)以降に住所地を管轄するハローワーク(公共職業安定所)へお尋ねください。

受講料

受講料が無料となります。

※但し、教材費等は自己負担となります。

申込期間

2021年1月5日(火)~1月28日(木)
※本校への面接申込の締切は
1月29日(金)まで

上記の申込期間内は、お住いの管轄のハローワーク、
職業訓練担当窓口までお問い合わせ下さい。

申込期間前のご相談は、
本校にお問い合わせ下さい。

問い合わせ先:042-722-0313

申込期間前は、
ハローワークへのお問い合わせはご遠慮下さい。

説明会


説明会では、現在訓練を受けている在校生に
「入学の経緯」や「学校生活」等の様子を
話していただく予定です。

2021年1月16日(土) 10:00~12:30
2021年1月23日(土) 10:00~12:30

本校校舎にて開催します。
※事前に予約願います。(042-722-0313

☆ 説明会に都合のつかない方は、
個別見学も随時受け付けています。

職業訓練性の声

職業訓練生

職業訓練生 S・Kさん

介護に関心を持ったのは、二人暮らしの母が介護保険のサービスを受けるようになってからです。母との暮らしに不安がふくらむ中、親身に相談に乗ってくれるケアマネジャーさんや、デイサービスのスタッフさんが私の気持ちを和らげてくれました。日々、デイサービスとは連絡帳のやりとりをしていますが、それ以外でも、毎月母の写真集が届きます。それはデイでの母の様子を知らせてくれます。いつしか、私はそれを開くことが楽しみになっていました。

そして、こうした方達の支えのおかげで、在宅介護が続けられるのだと感謝しています。私は介護のことを少しでも勉強したいと思うようになり初任者研修を受けました。 その後、勤めていた会社の経営が破綻した際、この制度のことを知り、介護福祉士の国家資格を取得したいと思いました。

この学校に入学した当初は、若い人達に馴染めるか、勉強についていけるか、と不安でしたが、すぐにそれが取り越し苦労だったと思いました。これまで歩んできた道も、それぞれの違いも、互い受けとめ、認め合う、そんな雰囲気や伝統がこの学校にあるからです。

私の将来の目標は、「自分の人生経験を生かせる介護の専門職になること」です。親の老いを見てきたことも、父の最期に心が揺さぶられたことも、父の看取りも、それらの経験は、親が私に残してくれた財産だと思っています。それを、不安の中にいる人や、その家族の気持ちを支えることに生かせたらと願います。

この制度の利用を検討中の方へ

この制度の利用を検討中の方にお伝えしたいのは、「勉強はいくつになってもできる」ということです。人との関わりの中で自分や、自分の経験を生かす、そんな介護の勉強は自分を豊かにすることにもつながると思います。介護やこの制度に関心がある方は、養成校の説明会への参加をお勧めします。