オリジナルレシピ

 

町田製菓専門学校オリジナルレシピ

vol.3Macedonia

マチェドニアとはイタリア版フルーツポンチ。季節の果物を一口大に切り、お酒を加えたシロップに漬け込んだドルチェです。さわやかな香りと味は夏向けです。“マチェドニア”という言葉は、混雑という意味もあり、いろいろな種類のフルーツをごちゃごちゃ入れるのが基本。できあがったら少し時間をおいて味をなじませてから食べます。

チョコチップスコーン

用意するもの

<A:オレンジ炭酸ゼリー>
  • オレンジジュース(果汁100%) 100cc
  • グラニュー糖 25g
  • クリックゼラチン 2.5g
  • 炭酸水 50cc
<B:白ワイン炭酸ゼリー>
  • 100cc
  • グラニュー糖 30g
  • 白ワイン 50cc
  • クイックゼラチン 3g
  • 炭酸水 50cc
  • レモン果汁 2.5cc
  • レモン表皮 2切れ
<C:マチェドニアシロップ>
  • 200cc
  • グラニュー糖 120g
  • レモン果汁 10cc
  • レモン表皮 3〜4切れ
  • 白ワイン 50cc
  • キルシュ 5cc
<D:各種 季節のフルーツ>
  • パイナップル
  • キウイ
  • メロン
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • アメリカンチェリー
  • リンゴ
  • ブルーベリー
  • ラズベリー
  • イチゴ
  • バナナ 他

作り方

A オレンジ炭酸ゼリー

手鍋にオレンジジュース、グラニュー糖を入れ、火にかけ沸騰させる。

火をとめ、やや冷ましてからクイックゼラチンを入れ、溶かしたものをシノワ(こし網)でこす。

ゼラチンはメーカーにより数種類あるので、説明書の使用法、使用量に従ってください。

ゼラチンは煮立たせると凝固力が弱まるので、注意して下さい。

STEP2

氷水にあてて冷やし、冷たくなったら炭酸水を静かに注ぎ入れ、ゆっくり混ぜる。

炭酸水を加えるときは静かに、なるべく炭酸が発砲しないように加えてください。

STEP3

少しとろみがついてきたら型に流す

100円ショップで売っているような氷の型を使っても面白いです。

STEP4

2〜8時間ぐらい、冷蔵庫で冷やし固めます。

B 白ワイン炭酸ゼリー

手鍋に水、グラニュー糖、レモン表皮を入れ、火にかけ沸騰させる。

STEP1

火をとめ、やや冷ましてからクイックゼラチンを入れ、溶かしたものをシノワ(こし網)でこす。

STEP2

ここでレモン果汁、白ワインを加え、氷水にあてて冷やす。冷たくなったら炭酸水を静かに注ぎ入れ、ゆっくり混ぜる。

はAと同様

STEP3

C マチェドニアシロップ

手鍋に水、グラニュー糖、レモン表皮を入れ、火にかけ沸騰させる。

レモンの表皮はピーラーなどを使い、黄色い部分だけを使用(白い部分は苦味がでるため)

STEP1

シノワ(こし網)でこして、氷水にあてて冷やす。

STEP2

レモン果汁、白ワイン、キルシュを加え、味を調える。

今回はサクランボのリキュールを使いましたが、オレンジのリキュールでも美味しいです。

D 各種 季節のフルーツ

一口大の大きさに各種のフルーツをカットする。

フルーツの種類はここで紹介したものに限らず、好みのフルーツを彩りよく組み合わせて使ってください。

STEP1

仕上げ

A,Bのゼリーを、型の周りを湯せんで温めて型から抜く。

STEP1

Cマチェドニアシロップに、D季節のフルーツを入れ、よくかきまぜる。

STEP2

さらに型から取り出したゼリーをかるく混ぜ合わせる。

STEP3

ミントの葉を飾り、完成。

マチェドニアは彩りの美しさが魅力となっています。バランスよく盛り付けましょう。

冷蔵庫で、よく冷やしてから食べるのが美味しく食べるコツです。

※市販のアイスクリームを添えると、さらに美味しさが増します!