オリジナルレシピ

 
町田調理師専門学校 HOME > オリジナルレシピ > きのこと牛肉の炒めもの

町田調理師専門学校オリジナルレシピ集 Original Recipe

vol.21 きのこと牛肉の炒めもの

今回は秋の味覚「きのこ」です。
「食欲の秋」に、味や香りも増して更に美味しくなる
きのこを中国料理でいただきましょう!


きのこと牛肉の炒めもの

用意するもの

(材料3~4人分)
  • ぶなしめじ 60g(1/2パック)
  • 舞茸 100g(1パック)
  • エリンギ 60g(1/2パック)
  • 赤ピーマン 40g(1個)
  • 絹さや 6枚
  • 牛もも肉(ブロック) 150g
  • 長葱 10g
  • 生姜 1片
  • 1/2個
<調味料>
(合わせ調味料)
  • 大さじ1(13g)
  • 上白糖 小さじ2/3(2g)
  • 老酒 小さじ1(4.5g)
  • 醤油 小さじ1.5(7.5g)
  • オイスターソース 小さじ2(12g)
  • 水溶き片栗粉 小さじ1
  •    
  • 牛肉下味用片栗粉 大さじ2~
  • 適量
  • 胡椒 適量
  • 適量
  •    
  • 炒め油(サラダ油) 大さじ4

作り方

ぶなしめじ・舞茸は石突きを取り、小房に分ける。エリンギは3等分に切り、5mmの厚さに切る。

STEP1

絹さやは筋を取り、赤ピーマンは種・ヘタを取り、一口大に切る。

STEP2

長葱は斜め薄切りにし、生姜は皮を剥き、1cm角の薄切りにする。

STEP3

牛肉は一口大の薄切りにし、下味用の塩・胡椒・酒、卵を入れ、更に片栗粉を入れて良く混ぜ合わせる。 

STEP4

フライパンに油を入れ、牛肉を炒め、一旦取り出す。

STEP5

続いて①のきのこ類を炒め、取り出す。

STEP6

赤ピーマン・絹さやも炒め、取り出す。

STEP7

長葱・生姜を炒め、⑤・⑥・⑦をフライパンに戻し、合わせ調味料を入れて混ぜ合わせ、盛り付ける。

STEP8

完成!

POINT

・牛肉はそのまま炒めるのではなく、下味を付けてから炒めると、柔らかく美味しくなります。
・牛肉を炒める時は熱したフライパンでなく、冷めたフライパンに油を入れた状態から炒め、あまり混ぜ合わせないようにしましょう。
・牛肉・きのこ・野菜をそれぞれ別々に炒めてから合わせると美味しく仕上がります。
・老酒がなければ日本酒で代用も可能です。

完成